Total Audio Pro Shop AV Kansai

menu
close

DAP300APEX Ti

左)300MAX 右)300APEXTi 左)300MAX 右)300APEXTi

今年は早速このネタで!

もう少しで手元に届くAPEXTiですが、本当に沢山の方にご予約をいただきましてありがとうございました。

待ちに待ったDAPの誕生ですが、せっかくですからね、DX300MAXと
DAP300APEXTi(プロトモデル)を並べて写真を撮ってみました。

写真からわかる範囲で何が違うのかを簡単にご説明させて頂きます。

筺体が違う2台ですがそこは見た目にわかりませんW

すぐ確認出来るのが各入出力やボリュームの位置が違います。

これはAPEX側(右)から見て下側左から充電ポート、USB(C)、COAX,microSDとなります。

カーで使用する場合は極力下からプラグインがストレスなく使用出来るので
300MAXと差別化しています。

サイズ等は変わりませんが持ち比べるとこのAPEXチタンモデルはMAXのステンレスモデルより軽いので、車両にホルダーなどで固定しても従来のDAPぐらいの固定方法で気になりません。

そしてこれ!
充電ポートが付いてますのでよくわからないタイプCでもUSB出力しながら
気にせず充電が出来ます!

更にこれ!
宣伝になってしまいすが、Coaxialmにはホーム、カー用と評価の高い製品を作り続けるKOJOさんのVE-02と繋いだりしても下から接続で煩わしさも解消!

KOJOさんのVE-02をつなぐオーディオ専用アースケーブルはClone1とClone2の2種類ありますのでそこはお好みで選んでみてはいかがでしょうか?

そして右端がmicroSDとなっております。

本体はカバーと充電ケーブルも付属されておりますので直ぐに安心して使用いただけますよ。


ひとまず発売間近でございますが、それまでお楽しみ頂ければ幸いです。


更に詳しくはAPEXTiバナーからどうぞ!!